日々更新中!スタッフダイアリー

前月 2018年10月 翌月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ(12ヵ月分)

バックナンバー

ギャラリー・カフェ 飛ぶ魚

少しずつ秋が深まってきましたね。

スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋・・・、

ということで、絵本画家の垂石眞子さんの原画展鑑賞で

湯河原町にある「ギャラリー・カフェ 飛ぶ魚」へ行ってきました。

     

        湯河原町の丘の中腹に建つ「ギャラリー・カフェ 飛ぶ魚」さん

 


ギャラリーのマダム・作田さんは元・編集長で、

今回のテーマは、その時に担当された絵本

「わたしのかさはそらのいろ(「文:あまん きみこ、絵:垂石 眞子)」です。

          

 

この日は眞子さんのトーク会もあり、

こじんまりとしたかわいいギャラリー会場に、20人位の参加者。

  

このアットホームな雰囲気の中、眞子さんのお話が始まりました。

 

作品に対する眞子さんのイメージや思い、

絵を描くに当たって取材した「大西洋傘店」さんのお話、

作田さんとの打合せ、

「わたしのかさはそらのいろ」が出来上がっていくまでの

色々なエピソードを語って下さいました。

お話は、他の作品へも広がっていきます。

「初めて子どもが目にする絵だからこそ、本物を描きたい」

という眞子さんの絵本に対する真摯な姿勢が、

軽妙なお喋りの中からさりげなく伝わってきます。

1時間半近くのトーク会は、あっという間に終わってしまいました・・・。

 

 

絵本は裏表紙まで含めて絵本なんだそうです(今回の収穫学習)。

今度、絵本を手にする機会があったら、是非、裏表紙にも注目してみてさいね。

住まいづくりに関するご相談・ご質問、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • お問い合わせ
  • 資料請求