3 住み心地へのこだわり

index 湘南で暮らす
  • 1 土地探しからお手伝い
  • 2 お客様の夢、かなえます
  • 3 住み心地へのこだわり
  • 4 地元の大工さんで建てる
  • 5 名前に誇り「湘南営繕協会」
  • 6 地域の活性化のために

目に見えないものが”住み心地”を決める

家をつくる上でもっとも大切なものは、実は目に見えないものです。それは"住み心地"。構造やデザインとは違い、実際に暮らしてみなければわからないものです。私たちは、この住み心地をよくすることに、大きなこだわりを持っています。

住み心地を左右するのは、空気環境や温熱環境。それらをつくり出すのは木・光・風といった自然の要素です。湘南という温暖な気候の土地柄を、最大限に活かした家づくりを行ない、人工的に空気や温度を管理することを極力避けたい、というのが私たちの考え方です。

自然の力と人の知恵で快適な暮らしを創る

南北に窓をとって風の通り道を確保し、夏と冬の太陽の高さを計算して光を取り入れます。その際に、隣家からの目線が気にならないところに窓を設けることも、住み心地を考える上で重要なことです。

また、庭の植栽も大切な要素の一つと言えます。

断熱、防音への対策はいまや常識ですが、その方法も次々により良い技術が開発されています。

私たちは新しい情報を速やかに吸収し、お客様に提供できるようなシステムを整えています。

時間の流れにも対応できる住まい

さらに、もう一つ考えておかなくてはならないのが、ライフスタイルの変化に合わせて間取りを変えられるという柔軟性。お子様が小さい時には間仕切りなしの大空間で、成長するにしたがって間仕切りを加えていくなど、変化に対応できなければ、建てた時はよくても、後々不具合が生じるおそれがあります。そのために私たちは、変更に対応しやすい在来の木造軸組工法を採用しています。

空気、温度、気配、時間・・。家づくりには、見えないものへの心配りがとても大切。湘南営繕協会では、長く安心して住んでいただくために、細部にわたって"住み心地"を検証しながら、家づくりに取り組んでいます。

お客様の実感 藤沢市H様「我が家の居心地のよさにうっとりしています(笑)」

似

前住んでいた家は、それなりにしっかりしてはいたのですが、湿気対策がもう一つだったんです。それで子供たちも私も喘息や湿疹に悩まされていました。この家に住むようになってからは、そういった症状は出ていません。えらいものですね。湿気って怖いものだな、と思います。
この家を設計してくれた中村さんは、吹き抜けからいっぱい光が射し込みつつも、それが柔らかい光になるように工夫してくれたり、独立した子供部屋を造りながらも、気配がリビングに伝わってくるようにしてくれたりと、きめ細やかな設計をしてくれました。
家族みんな、家にいるのが心地よくて、あまり出かけなくなりましたね(笑)

H様のお住まい拝見「光と風が吹き抜ける家」はこちら
  • 戻る
  • 次のページへ進む

地元・湘南の工務店 コンセプト

index 湘南で暮らす
  • 1 土地探しからお手伝い
  • 2 お客様の夢、かなえます
  • 3 住み心地へのこだわり
  • 4 地元の大工さんで建てる
  • 5 名前に誇り「湘南営繕協会」
  • 6 地域の活性化のために
HOMEに戻る

住まいづくりに関するご相談・ご質問、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • お問い合わせ
  • 資料請求